カートをみる ご利用案内 サイトマップ
RSS

Dr.丹羽プロフィール

土佐清水病院院長 丹羽靱負(にわ ゆきえ)丹羽 靱負(にわ ゆきえ)

昭和7年生まれ。
昭和37年京都大学医学部卒業。
医学博士。丹羽免疫研究所所長。
土佐清水病院院長。

発癌の大きな原因の一つである活性酸素とその防御酵素であるSODの研究を臨床家として国内は勿論世界的にも最も早く手掛け、この分野の研究の世界的権威。

SODなどの生体防御の研究論文が「Blood」を始めとする著名な英文国際学雑誌に数多く発表され、その数は70編を越す。国際医学専門誌(Biochemical Pharmacolog)への投稿論文の審査員でもある。
 国内では、ベーチェット病、リューマチ、アトピー性皮膚炎や数多くの癌の原因を活性酸素の異常から解明し、これらの治療に、自然の植物・穀物を独自に開発した特殊な加工を施すことで製造した抗癌剤とは異なる副作用の無い真に有効な天然の治療薬を用い、大きな治療効果を上げている。
 特に最近は、激増化・重症化・成人化するアトピー性皮膚炎を、劣悪化する環境汚染に基因すると指摘し、また、患者の遺伝子レベルの研究により、近い将来の重症アトピー患者の癌化可能性を警告し、注目されている。
 主著に『天然SOD製剤がガン治療に革命を起こす』(廣済堂出版)『激増 活性酸素が死を招く』(日本テレビ)『水―いのちと健康の科学』(ビジネス社)等がある。

学会・講演

開催地

昭和 60 年

第16回国際リウマチ学会 座長及び招待講演

オーストラリア
・シドニー

61 年

国際食細胞学会 招待講演

イタリア・バビア

平成 元年

国際炎症学会 座長及び招待講演

モナコ・モンテカルロ

2 年

国際炎症学会 座長及び招待講演

スペイン・バルセロナ

3 年

国際炎症学会 座長及び招待講演

スイス・ジュネーブ

4 年

SOD 国際シンポジウム 招待講演

韓国・ソウル

5 年

国際炎症学会 座長及び招待講演

スイス・ジュネーブ

6 年

国際アレルギー学会 招待

スウェーデン
・ ストックホルム

中華民国製薬学会 特別講演

中華民国・台北

7 年

国際炎症学会 招待

スイス・ジュネーブ

9 年

世界癌学会 招待講演

オーストラリア
・ ダーウィン

国際炎症学会 座長及び招待講演

スイス・ジュネーブ

ブタペスト医大記念講演

ハンガリー
・ブタペスト

10 年

第45回日本臨床病理学会総会 特別講演

日本

11 年

第37回日本癌治療学会
キーシンポジウム パネリスト

日本・岐阜

第98回日本皮膚科学会総会

日本・東京

第11回日本アレルギー学会春期臨床大会

日本・大阪

第49回日本アレルギー学会総会

日本・広島

12 年

第9回生命情報科学シンポジウム 特別講演

日本・東京

日本薬学会第120年会 特別講演

日本・岐阜

第12回日本アレルギー学会春期臨床大会

日本・福岡

第99回日本皮膚科学会総会

日本・宮城

第50回日本アレルギー学会総会

日本・神奈川

13 年

国際環境マネジメントシステム連盟
2001年学術講演会

日本・石川

第13回日本アレルギー学会春期臨床大会

日本・神奈川

第100回日本皮膚科学会総会

日本・東京

第60回日本癌学会総会

日本・神奈川

第51回日本アレルギー学会総会

日本・福岡

14 年

第 14 回アレルギー学会春期臨床大会

日本・千葉

第101回日本皮膚科学会総会

日本・熊本

第20回世界皮膚科学大会

フランス・パリ

第14回生命情報科学シンポジウム 特別講演

日本・千葉

第32回ヨーロッパ皮膚科学研究学会総会

スイス・ジュネーブ

第61回日本癌学会総会

日本・東京

第52回日本アレルギー学会総会

日本・神奈川

15 年

第15回日本アレルギー学会春期臨床大会

日本・神奈川

第102回日本皮膚科学会総会

日本・千葉

第2回皮膚生理学医学の分野に於ける酸素障害国際学会

第41回日本癌治療学会総会

日本・札幌

第58回日本アレルギー学会総会

日本・岐阜

第7回日本代替補完伝統医学協会特別講演

日本・神戸

16 年

第103回日本皮膚科学会総会

日本・京都

第 16 回 日本アレルギー学会春季臨床大会

群馬県(前橋)

『特別講演』 第 10 回代替・統合療法コンベンション

千葉

第 16 回 日本アレルギー学会総会

神奈川(横浜)

活性酸素とSOD

近年「どろどろ血」「体やお肌のサビ」など、活性酸素とSODがメディアに多く取り上げられていますが、この「活性酸素」とは何者でしょう?また、同時に紹介される「抗酸化成分(SOD成分)」とはどういうものなのでしょう?私たちの健康面や美容面で良く聞く「活性酸素とSOD」の関係をご紹介致します。

   

活性酸素はジギルとハイド

活性酸素とは、本来、私たち人間をはじめ動物や植物の体内にあって、細菌・カビ・ウィルスなどの異物が体内に侵入してきた際、それらから守ってくれる役割をはたしている、なくてはならない物質です。
体内に異物が侵入すると、血中に存在する食細胞が異物を食べてくれ、細胞内で溶かして処理をしてくれます。このとき異物とされる細菌やウィルスなどを細胞内で溶かす時に発生するのが「活性酸素」なのです。
食細胞が次々と異物を食べ続けていくと、同時に活性酸素が働き出して処理をしていくことは健康を保つ上で重要な機能ですが、活性酸素の威力はとても強く、多すぎると血管や細胞にも悪影響となってきます。そこで、体内のSOD酵素が働き、余分な活性酸素を除去し、バランスを保ってくれています。

 

 

SOD不足が病気の根源的原因だった

ところが、私たちを取り巻く環境の問題は悪化をたどっています。例えば、環境汚染・紫外線・食品添加物・過労・ストレスなどにより活性酸素は発生し続けているため、活性酸素とSOD酵素とのバランスがとれなくなってきています。また、SODの力には個人差や年齢差もあるためこのバランスを保てず健康を害する人が増えているのが現状です。増えすぎた活性酸素は、ウィルスをも溶かすほどのパワーをもっているため、体内に溢れ出した場合で細胞や血管に害を与えると同時に、その性質上、不安定で他の物質と結合しやすいので、例えば脂肪と結合して過酸化脂質をつくるなど様々な病気、症状の根源的な原因をつくっていきます。不足したSODを外から補うことは健康を守るためにとても重要なことです。


 

日常生活に利用される活性酸素パワー

活性酸素は体の中だけで語られるものではなく、昔から生活の中に活性酸素の性質は利用されていました。例えば布団干しや洗濯です。洗濯物や布団干しは良く晴れた日に日光に当てます。これは、紫外線と湿気による水分から発せられる活性酸素を利用して殺菌作用により布団のダニやばい菌を殺菌して清潔にしています。洗濯物も乾燥させるだけではなく同時に殺菌作用を利用しているのです。  
また、傷口などを消毒するために使われるオキシドールは活性酸素を2〜3%に薄めた水溶液で、これも活性酸素の強い殺菌力を利用したものです。このように活性酸素の強い殺菌力は私たちの生活に上手に利用されています。
 

  

活性酸素とSOD

  • スーパーオキシド(人体で最も大量に発生)
  • ヒドロキシラジカル(最も酸化力が強い)
  • 一重項酸素(紫外線により発生しやすい)
  • 過酸化水素(ヒドロキシラジカルに変化・オキシドール)
  
  

環境汚染・紫外線・食品添加物・過労・ストレス─活性酸素が増え安い環境

  • 農薬や光化学スモッグ、ダイオキシンなど。
  • オゾン層の破壊から強烈な紫外線。
  • インスタントやレトルト食品などの合成保存料、酸化防止剤、人口甘味料
  • 睡眠不足や残業による慢性疲労やストレス
  
  

過酸化脂質 ・・・

食事から体内に吸収された不飽和脂肪酸や血中のコレステロール・中性脂肪酸と活性酸素が反応すると過酸化脂質に変化する。 
過酸化脂質は腎臓から排泄されず、いつまでも体内にとどまるため徐々に細胞の内部に浸透し細胞を破壊していく。  
  

こだわりの製法は世界各国で特許を取得

丹羽SOD様食品niwana(ニワナ)はなぜ多くの方々から長く愛用されるのか?
その答えは原料の加工方法にあります。丹羽博士が長年の研究の結果生み出した加工方法は世界各国で特許を取得しています。

遠赤外線焙煎+油剤化+発酵

  

【 ニワナができるまで 】

ニワナが出来るまでの工程

細胞が好んで取り入れる原料と加工方法を施すことで、体内にスムーズに吸収されるよう作られています。

何で同じ植物を普通に食べてもダメなの?

丹羽SOD様食品ニワナの主な原料は、胚芽・大豆・米糠・ハトムギ・ゴマ・小麦・柚子・抹茶・麹、など一般家庭で食事として食べることも多い植物です。
この植物たちの持つSOD成分をそのまま体内に取り入れることが出来れば理想的ですが、SODやカタラーゼなどの成分は高分子であるということや、食事として食べるためには加熱調理されることや、胃液で死んでしまうため活性酸素を取り除く効果は失われてしまいます。一方、低分子抗酸化剤として存在するβカロチン・ビタミンC・E・フラボノイドやポリフェノールなどは、たんぱく質などと手を繋いでいる(重合している)ため自由に活躍できない状態(非活性型)であり、現代人の胃液力ではこの重合は切ることが難しく、こちらも充分に活用できません。このような理由からそのまま食べてもなかなか役割をはたしてくれないのです。

手軽に食べてSODパワーを体内に

低分子抗酸化剤は、強烈な胃液の力か、理想的な加熱方法を用いることで、低分子抗酸化物質の重合を切り離すことができる。」この発見から、様々な加熱方法が試され、遠赤外線適温焙煎製法こそが低分子抗酸化剤の重合を生きたまま切断するための理想的な加熱方法であるとして採用されました。また、更に細胞壁をスムーズに通過させるために油剤化加工をまた更に低分子化をすすめる目的で麹による発酵作用を加え、丹羽SOD様食品ニワナは完成致しました。この加工方法は世界各国で特許を取得しています

本当に安心してご利用頂くために

ニワカンパニーの丹羽SOD様食品ニワナは、指定工場で厳重管理の下製造されております。
信頼の証として、丹羽先生の家紋をデザインした封印シールに管理ロット番号を刻印し封印しております。お求めの際は是非ご確認下さい。

封印シールと管理ロット

 

 

 

こだわりの製法は世界各国で特許を取得

 

特許取得国

出願番号

日本

1366268

韓国

38660

台湾

30766

アメリカ

5009891

イギリス

2195889

スペイン

8702735

イタリア

1211804

スイス

674617-2

ベルギー

1000842A3

オーストラリア

596701

中国

87106491

ドイツ

P3732254.0

オーストリア

A2426/87

オランダ

87.02296

デンマーク

4845/87

アイスランド

3262

ノルウェー

874004

スウェーデン

8703696

 

 

* 高分子

分子量3万以上のもの。SOD酵素がその代表です。直接食べても腸管からの吸収がほとんどできません。

* 低分子

分子量が200〜400ぐらいのもの。ビタミンCやビタミンE、カテキン、カロチン、フラボノイド、ポリフェノールなど話題の成分。重合を切断し、活性型(自由に動ける)処理をしてあげると体内で活躍できます。

* 遠赤外線適温焙煎製法

遠赤外線の波長は4〜14ミクロンで育成光線と呼ばれていて、人体や水にとても良い影響を与えます。例えば、トルマリンやセラミック、プラチナなどが様々な健康グッズの素材として利用されるのも、4〜14ミクロンの育成光線が放射される物質だからです。この4〜14ミクロンの遠赤外線で植物・種子を加熱すると、ビタミンやβ-カロチンなどの低分子抗酸化剤の重合を焦がしたり、成分を壊したりすること無く切断できることから、ニワカンパニーの全ての健康食品に遠赤外線焙煎を施しています。

* 焙煎ゴマ脂で油剤化

活性酸素や過酸化資質の悪影響を受けているところは、それぞれ細胞の膜の部分で、この細胞膜は油分が多い場所です。この油の多い膜に到達するためには、酸化を防ぐために遠赤外線で焙煎処理をした油をコーティングする必要があるのです。

* 麹発酵

麹は、生き物で、発酵すると蛋白分解酵素と澱粉分解酵素を分泌してくれます。この酵素が更に低分子抗酸化剤の重合を促進してくれます。

 

 

ページトップへ