活性酸素と丹羽SOD

丹羽SOD様食品とは

丹羽SOD様食品は、活性酸素とSODの研究を国内なもちろん世界的に最も早く手がけた世界的権威、丹羽靭負医学博士によって、研究・開発された健康食品です。

SODとは

一般的に活性酸素を除去する働きのあるSODといわれる成分は、天然の種子・植物に多く含まれていますが、残念ながらそのまま食べても充分にその効果を得ることができません。
『天然の種子・植物のもつ抗酸化パワーをどうしたら体内で働かせることができるのか』
丹羽博士は長年の研究の末、天然の種子・植物のもつ有効成分が体内で働くための特殊加工を開発しました。

抗酸化剤には低分子と高分子がある

活性酸素を取り除く働きのある抗酸化剤には、SOD、カタラーゼ酵素、パーオキシターゼ酵素などの分子量が3万以上の高分子のものとビタミンE、C、B2、カロチン、カテキン、フラボノイド、ポリフェノールなど、分子量が小さい(200~400位)低分子抗酸化剤があります。

高分子抗酸化剤は分子量が大きいため、腸から吸収されません。一方、低分子抗酸化剤は分子量が小さく腸から吸収されるのですが、たんぱく質などと手を繋いでいる(重合している)ため、自由に活躍できない状態なので、このまま食べても現代人の胃液ではこの重合を切ることが難しく充分に役割をはたしてくれません。

低分子活性型の条件を満たす加工方法とは

低分子抗酸化剤が充分に活躍してくれるためにはいくつかの条件があります。
① 原料は化学合成物ではなく天然であること
② 成分が生きたまま重合が切断され自由に動ける状態であること。
③ スムーズに細胞吸収されること。

3つの条件を満たすため、開発された特殊製法
『遠赤外線焙煎』+『発酵』+『油剤化』
① 原料は低分子抗酸化成分を豊富に含む、大豆、はと麦、ぬか、ごま、などの天然の種子・植物
② 4~14μの特殊遠赤外線で焙煎、更に麹で発酵
③ 焙煎ごま油でコーティングしスムーズに取り込めるよう加工

信頼の証の金のシール

丹羽SOD様食品を安心してご利用いただくために。
この特殊加工を施された丹羽SOD様食品Niwana(ニワナ)には、正規品の証「笠のマーク」がついています。